塗料に関する知識

塗装工事の目的は使用する塗料の種類によって多様化し,それぞれの要求に応じた性能を発揮することができるようになってきた。

建築物をはじめ,それぞれの素地の表面が要求する性能を満足させる結果を得るため,非常に多くの塗料が開発され,なおかっ,その塗料の効果をより以上にあげるため,塗料の組合せによる工程すなわち,塗装系があり,ますます塗装工事を複雑にしている。

そのうえ,建築工事の中で塗装工事が最も理解しにくくそれに拍車をかけているのが,塗料自体が化学物質であることであり,建築技術者に対しては複雑な割りには,工事費が比較的低いし,直接に建築物の機能を失う欠陥にはいたらないとのことで敬遠されがちであるが,塗装工事がいかに多機能性があり,建築工事の中の専門業種の内で低コストでいかに大きな効果を発揮できるかの理解を得るために,まず,塗料そのものの基本的な事項を理解し容易に応用ができるようにする必要があり,塗料に関する知識を整理してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です