木質系素地における塗装

木材面の塗装はやはり塗装の目的である既製品の塗装と保護であります。特に保護については単に木材の腐植に対することだけではなく浸食、われ、そりおよびよごれ、摩擦の消耗を防止する目的があります。透明塗装と不透明塗装によってその塗装工程が大きく異なるため、用途に応じて適切な塗装が必要です。

透明塗装の場合は木材の木肌、木目などの自然の美しさや材料の持ち味を生かすことが大事です。着色を行い東名仕上げをする場合、各種の着色がなされる前に木材の材種を調査したほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です