外壁工事と塗装

塗装は、液状のものを薄い膜にして、短時間に固まらせる必要があ るので、様々な化学的、物理的反応が応用されています。硬化する温度により分類すれば、高温で硬化する塗料と常温で硬化 する塗料があります。高温で硬化させる塗料には、熱硬化型アクリル樹脂塗料、シリコン 樹脂塗料、フッ素樹脂塗料等があり、その用途は、工場で量産される 自動車や家庭電化製品の比率が高く、建築材料では、金属サイデイング材等の仕上げに使われている。 外壁の現場塗り替え用の塗料には、当然のことながら、常温で硬化する塗料が使われ、アクリル樹脂塗料、アクリルウレタン樹脂塗料、 アクリルシリコン樹脂塗料があります。

また、現場に供給される形態により、 2液型と 1液型がある。 2液型塗料は、塗装の直前に主剤と硬化剤を混ぜ合わせて塗布し、2種類の液を反応させて硬化させます。
一方、 1液型塗料は、基本的に溶媒が揮発することによってピヒクルが硬化するものであり、現場では混ぜ合わせをしないで簡便に使用 出来るメリットがあります。

このような「硬化」の過程を化学的原理、物理的原理により整理すこれらの硬化方法の内、最近の外壁塗装に使われる塗料の各種の化 学反応には、「重合」が最も重要な役割をしています。重合とは、簡単な構造の低分子(モノマー)の分子と分子をつない で結合させ、分子量の大きな高分子(合成樹脂)をつくる化学反応を いい、合成される化合物をポリマーと言います。

重合させる場合、加熱することによって分子が結合し、高温硬化さ せるものは、焼付け塗料と呼ばれています。通常の温度条件下で塗装する外壁塗り替え塗料の場合は、一般的な アクリルウレタン塗料のように、主剤 (A液)と硬化剤 (B液)を混 ぜ合わせると反応し重合させる 2液反応硬化塗料があります。この塗料の主剤と硬化剤は、反応前は、低粘度の低分子量の高分子(プレポリマー)のため素地に浸透し、その後で硬化するので弱い基材 おきを補強し、吸水性を抑える働きがあります。
このタイプの塗料は、 外壁工事において2液を混ぜ合わせると反応が始まり、硬化が進んでいくので一定の時間内に塗り終わる必要がある。このゆとり時間を「ポットライフ」、あるいは、「可使時間」といい、塗料ごとにその時聞が指定されています。